バーマルコウ 新潟駅前の居心地良いオーセンティックバー

バーマルコウのロゴ背景

124 ページ

次ページ

新潟人は知っている、西洋梨ルレクチェの高貴さと美味さ

掲載

新潟駅前オーセンティックバー、カウンター上のルレクチェ
カウンターに置かれたルレクチェ

ついにやってきました、ルレクチェの季節。

洋梨と言えばラフランスの方が知名度は高そうですが、ここ新潟では洋梨と言ったら問答無用でルレクチェのことを指します。

ラフランスよりもはるかに芳醇で、その香りと甘さと食感は他の洋梨を寄せ付けません。ルレクチェは栽培が難しく生産量が限られているため、あまり県外には出回らないようです。

バーマルコウではそんな新潟の銘品・ルレクチェを使ってカクテルを作りました。ルレクチェの出回る時期は短いため、ルレクチェのカクテルをお出しできるのも限られた期間となります。

この時期この地域でしか味わえないカクテルです。この機会を逃さずに、ぜひルレクチェのフレッシュフルーツカクテルを味わってみてくださいね。

渋柿なのに甘柿以上の濃厚な甘さ、おけさ柿のカクテル

掲載

新潟駅前オーセンティックバー、柿の木畑の紅葉
柿の木の美しい紅葉が一面に広がる

おけさ柿は新潟県産の種なし柿のブランド名。10月から11月にかけてが出荷の最盛期で、渋抜き後に店頭に並びます。柔らかくてとても甘いんですよ。

バーマルコウではそんなおけさ柿を使って季節のフレッシュフルーツカクテルを作っています。そろそろ柿の時期が終わるので、柿好きな方や「柿のカクテル?飲んだことないよ?!」って方はなくなる前にぜひ当店へお越しくださいませ。

おけさ柿の次は、新潟の冬の定番、洋梨の貴婦人「ルレクチェ」のカクテルの予定です。お楽しみに。

(写真の後ろに広がる山々は新潟県にある五頭連峰と菅名岳です、、、たぶん笑)

新高梨のフレッシュフルーツカクテルあります

掲載

新潟駅前オーセンティックバー、バーマルコウ
大きく実った梨

新高(にいたか)梨は赤ナシ系の和ナシの一つです。その特徴はなんといってもその大きさ。ソフトボール以上の大きさがあり、手に持った時にズシリと重さが伝わります。酸味が少ないのでとても甘く感じられ、果汁がたっぷりの梨です。

新潟県は新高梨の生産量が多くて、ちょうど10月の今時期が最盛期。バーマルコウではそんな旬の新鮮な新高梨をふんだんに使って丁寧にカクテルに仕立てました。

秋の味覚・梨のフレッシュフルーツカクテルとともに、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

いちじく時々ぶどう、秋のフレッシュフルーツカクテル

掲載

新潟駅前オーセンティックバー、バーマルコウのカットいちじくとカクテルグラス
カクテルグラスに入ったカットいちじく

秋の味覚到来。
ちょうど今時期は新潟県のブランドいちじくである「越の雫(こしのしずく)」が旬となっています。
身が柔らかく、上品な甘さとうまみ、プチプチした食感。バーマルコウではそんな越の雫の特徴を生かしていちじくのカクテルを仕上げました。

他には皮ごと丸ごと食べることができるぶどう・ナガノパープルを使ったカクテルもあります。こちらは数に限りがありますので、ご来店時にあったらラッキーと思って頼んでみてください。

だんだんと暑さもやらわぎ、秋の気配が感じられるようになってきました。少し涼しくなった夜、突然に秋の味覚が恋しくなったらぜひ当店へお越しください。いちじくとぶどうのフレッシュフルーツカクテルが待っていますよ。

これぞ夏の味、スイカのフレッシュフルーツカクテル

掲載

新潟駅前オーセンティックバー、バーマルコウの八色スイカの写真
新潟県のブランドスイカ、八色スイカ

暑い日が続いていますが、こんな時にはよーく冷えた夏の定番・スイカのカクテルで身も心もリフレッシュしませんか?

新潟県はスイカの生産量が多いのですが、その中で八色(やいろ)スイカと言われている新潟県のブランドスイカがあります。

八色スイカはコシヒカリで有名な南魚沼市で生産されており、糖度が高くシャリシャリ感があるのが特徴。

バーマルコウのスイカのフレッシュフルーツカクテルは、そんな八色スイカがたっぷり使われています。

暑い日にはぜひ当店でスイカのカクテルの飲みながら涼んでいってくださいね。

( ※ 最近諸事情により、早めに閉店する日があります。申し訳ありません。)

124 ページ

次ページ